CRIMSON9


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サイン

絶望な気持ちから

少し時間がたち…

なぜ、あの子は死んでしまったんだろうか?
なにが、自分には足りなかったんだろうか?



サインは、あったのです。



死んでしまう3,4日前
朝、メンテナンスをしている時に
しっぽだけでさかさまにぶら下がる
「いわゆる…カメレオンの自殺ポーズ」

はっ!として、あわてて 取り出して
みると ケロッとして 凄く元気なんです。
まるで 私をびっくりさせたくっての
悪ふざけの様でした…

でも、、、


違っていたのでしょう。


「自分は、パンサーだ!!パーソン寄りの
温度設定は、もう、うんざりだ!!
もっと温かくしてくれないんなら
自殺するぞ!!それでも いいのか?」

あの子のサインは、


きっと、こうだったんだと思います。



もっと、細かくサインをくみ取って
あげていれば…こんな結果には
ならなかった…はず。



そして


自分には足りなかった
カメレオンとの意思のそつうを
確かめたく、少しでも早く立ち上がりたく


日曜日


ペットショップ レオン

梅沢さんのところに行きました…


彼は、お店にいるたくさんのカメレオンに
自ら手から餌をあたえ健康管理のチェックを
して、サインを見逃さないよう
実に手際よく世話をしているんです。

私などより

格段に

余裕が有るんです…心の余裕が。


あわただしい朝のメンテに
あたふたしている自分とは違って…
実にスムーズなんです。

そんな空気の中にいるカメレオンたち

実にのびのびして居心地良い顔をして
いて…

自分に足らないのは、これなんだな
と、痛切に感じました。


奥が深いです。


カメレオン。




そんな、めげている私を五才になる
パーソンが帰り際に
こう、言ったんじゃないかな?
と、思います。









「坊主…焦る事はない。でも、立ち止まる

暇は無いんだよ…」





と、聞こえて来ました。


たくさんの人に

カメレオンとアゴヒゲの素晴らしさを

伝えてあげたく




前を向きます。
スポンサーサイト

« »

01 2013
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

ハセガワタツヤ

Author:ハセガワタツヤ
フトアゴ・カメレオンを中心に色々な爬虫類を飼育中です。フレンチブルドッグもおうちに居ます。主に爬虫類やフィギュアに関するつぶやきをします。2013年春頃から爬虫類ショップ「カスタムレプタイルショップ CRIMSON9」を開店予定。現在主にフトアゴをブリード中です。

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Archive RSS Login
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。